FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

夢織人

うつうつまっしぐらε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘

プロフィール

ゆめおりひと

Author:ゆめおりひと
きゅっきゅっきゅっニャ♪


アニメ系民族系の音楽が好きです。
堀江由衣・Ceui・zabadak・135・
丹下桜・遊佐未森・志方あきこ・葉月ゆら

他にTalesOfTheAbyssと聖闘士星矢好き。

カテゴリ
カレンダー
02 ≪│2013/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.03
15
Category : 日記
Theme : ひとりごと
Genre : 日記
私に告白してきた人とは良き友達として、月に1、2回会っています。

向こうが私の休みを聞いて、とにかく会いたがるのですが、私も暇人なので断る理由もなく会ってます。

でも普通の会話の中で、恋愛度が上がりそうな会話のときに気を使います。

「ときめきメモリアル」みたいな選択肢が脳内にいくつか出てきて、

わざと有効度が上がらないような選択肢を選びます。


例えば相手から「○曜どうでしょうのDVD貸そうか」と言われたときに、

   「わー見てみようかな。貸してくれる?」
 [>「他に見るものいっぱいあるからいらない」

とか、

旅行の話になってしまい「どこか行きたい所ある?」と聞かれたら、

   「あまり詳しくないんだよね。どこかある?」
 [>「別に・・・」

とか、

「ホワイトデーのお返しにもう一品つけようかと思ったときに、下着とか考えたんだけど」

   「それはいらないかな^^;」
 [>「そんなのもらったら投げ捨ててやる」

選択肢が自分の中で浮かぶのですが、わざと下がるようなものを選びます。

ちなみに上全部実話です。


世の中うまく行かないものですね。

自分が縁を持ちたいと思う人には、いくら好感度の高い選択肢を選んでも響かず、

どーでもいい人にはそこそこの返事をしても、いたずらに好感度が上がるんですからね。